« 官僚はなぜ国民の味方と見られないのか | メイン | 贈収賄事件で裁判で有罪に持ち込めるだろうか »

2010年9 月20日 (月)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。