« 弘安四年の再来の国難に面している | メイン | 尖閣諸島のに関する売国奴的行為に決着をつけなければならない »

2010年9 月22日 (水)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。