« 良い粘りと悪い粘り | メイン | 問題の地を領有する国際法上の理由を当事国は開示すべきである »

2011年7 月20日 (水)

コメント

くらもクローン天狗

原発の反対者の多くが原子力の制御不能になることを恐れているのは事実。だから事故を起こさず制御しきれる技術を開発しようという意気込みは結構な話。しかし原子力は意気込みだけで克服できるほど生易しいものだと思っては困る。そういう甘い認識こそが新たな被曝事故を生むのです。将来ある若者たちをそのような袋小路に追い込むのだけは止めて下さい。-----原爆の中身をブラックボックスにしておきながら、安全だという言葉を信じていたらフクシマの事故が起きてしまった-----ということを忘れないで欲しい。日本の原子力技術は優れているから全電源喪失などありえない、だから想定外のことなど考えなくていい、とは何というお粗末な話。その自信過剰と傲慢さに国民は言葉を失うほどの衝撃を受けたことも忘れないで欲しい。このような御用学者たちの手先になるために若者を差し出すのも止めて下さい。原子力村では未だに確率論的安全性評価などにこだわって自らの学問的体系が間違っていたことを認めず、少しも反省の態度が見られない学者バカがいるからです。
そもそも確率とは、可能性を測る尺度として使うべきであって、明日起こるかもしれない地震に対しては全く役に立たないものでしょう。このことは東大教授の地震学者ロバート・ゲラー博士がイギリスノ科学誌ネイチャーに寄稿しています。また安全性とは理論的には想定できないもので、それぞれがおかれた状況により立場により評価が異なるものです。これは技術論ではなく哲学的な理念でしか想定し得ないものなのです。だから若者たちには原子力は学んでも先輩たちのような世間知らずにならないようにしていただくことが最も大切なのだと痛感する次第です。

くらもクローン2天狗

もう一人のクローンのつぶやき-----
原発の反対者の多くが暴走したら制御が出来なくなることを恐れている、だから若者に暴走しない原子力を開発しろ、というのは飛躍した話。そもそも技術開発とは想定外の事故や失敗を繰り返しながら進歩していくもので、原発は既に3回の過酷事故を経験している。チェルノブイリ、スリーマイル、そしてフクシマだ。そのたびに犠牲になるのは罪のない一般国民たち。人類はいずれ制御できる技術を手に入れることが出来るかもしれないが、その時までにさらにどれほどの人達が不幸に曝されるかわからない。-----
少なくとも<もんじゅ>だけは直ちに中止した方がいい。プルトニウムはフクシマとは比較にならないほど扱い難く悲惨な状況を作りかねないのだから。それに加えて実用化の目標とされる2050年までに、いったいいくらお金がかかるのか誰にも分かっていない。あの原発先進国のフランスでさえあきらめた高速増殖炉型原発に、フクシマを経験した地震国がしがみ付いているとは何かが狂っているとしか思えない。

たまごや

それでも原子力開発はやめてはいけない。くらも天狗さんに3000点。

この記事へのコメントは終了しました。