« 金大忠・廬武鉉・ヒルは半島に安定をもたらしたか | メイン | 民主党議委員はおごり高ぶり自分が見えていないのでは »

2010年11 月29日 (月)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。