« 今こそ我国の労働者は中国の賃上げを支援すべきであろう | メイン | コマーシャルに出て恥ずかしくないのだろうか »

2010年7 月29日 (木)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。