« 誰にでも意見を書く権利がある。譬え、九電の子会社でも | メイン | 政治改革は選挙改革から »

2011年7 月13日 (水)

コメント

opa-kiyo

TEST-2

kanndenn

TEST-3

くらもチビ天狗

いまは誰の手柄で、誰が儲けようとしているかを非難すべき時期ではありません。公平な競争であれば何でもやってみる価値があります。そもそも原子力が安いなどとは誰から聞いたのですか。それこそ原子村の御用学者から吹き込まれた見せかけの数字を鵜呑みにしているのではないですか。最終処理コストや、過酷事故の保障費、膨大な国家予算をつぎ込んで行なわれた研究開発費など全てを参入してもう一度再計算してください。
自然エネルギーは発展途上にあります。技術開発の可能性は未知数で可能性は巨大です。
まだ見ていない新技術の可能性を考慮しないで、なぜダメだと断定できるのでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。