« 国母は即刻帰国されるべきであった | メイン | 脱北者は韓国に住むのが当然 »

2010年2 月15日 (月)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。