« 本務の失敗ではやめない大臣 | メイン | やはり民主主義は多数決が原則 »

2009年2 月19日 (木)

コメント

こっぽうもん

全くです。
首相の任命責任を問う前に、問われるべき輩がいます。

この記事へのコメントは終了しました。