« グローブ化は目的ではない | メイン | 皇室が対馬丸記念館を今時訪れるとは »

2014年7 月29日 (火)

コメント

Kaskabien

『文藝春秋』2000年11月号は、「なぜ人を殺してはいけないのか」という子供からの問いに、瀬戸内寂聴ほか13人の著名人が答える特集号でした。酒鬼薔薇聖斗事件という、最近で言えば【佐世保高1女子殺害】事件に似て、単に人を殺してみたいという願望による、罪の意識が欠如した未成年者による殺人事件がきっかけになったと思われます。私も買って読んでみましたが、なるほどと感心できる、説得力のある答えはひとつも無く、やはり「駄目なものは駄目だ」というしか仕方が無いのだと得心した次第です。

この記事へのコメントは終了しました。