« 領海を侵犯されたら執る道は一つ | メイン | 一度ついた嘘を嘘と認めるだろうか »

2012年12 月22日 (土)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。